日本でも有数の米どころ佐賀平野にて無農薬玄米・無肥料米を自然農法で育てています。 | English | Korean

ブログ

新米情報等、最新情報を発信シます!

自然農法をメジャーに 2

自然米「神の力」をブランドに

昨日のブログの記事では、特許庁に対して自分で意見書を書く事を決意しました。で終わっていましたね。

まずは専門書を、インターネットで探して見ると有りました。「商標登録制度の解説と意見書24例」3500円。

そこで、中古本を探すことに、しかし、それでも2500円。それを購入しました。

まずビックリしたのは、商標登録申請(約12000円)には、申請料金が掛かります。お金が入金されて申請になり、結果が出るのが6ヶ月後位ですね。たしか5割位が拒絶の通知が送って来ていると言う事です。

自分で意見書を書くと決めたからには、やるしかない。

しかし、拒絶通知が届いたのが6月始めです。

米農家が一番忙しい田植えの時期です。

昼間に農業をして、夜に商標の勉強では無理があります。どうしよう。

そこで、佐賀県知財担当者に相談です。

答えは「商標登録担当者に電話して、期限を延ばせ無いか聞いて見たら」早速その場で電話をしました。すると良いとの事で、約20日ほど延長をして頂きました。

さあ同じような事例を探すと似たような事例があります。

それをヒントに中味を変えて書いて行きました。

一応、書き終わったので知財担当者に連絡しました。

知財担当者は、「弁理士(無料)か弁護士(無料)に見て意見を貰ったら」と言う事です。

弁護士さんに意見書を見て頂く事になりました。

しかし、弁護士さんの感想は、「私が特許庁担当者なら許可できません」と厳しい意見が帰って来ました。「しかし、素人がここまで書けた事は褒めます」

限界を感じながら、指摘させた所を直し提出(佐賀知財のパソコンからインターネットで)する事にしました。(無料)

約6ヶ月後に来た答えは、またもや拒絶です。

この時点では、諦めました。

今日は、ここまで明日以降に続きを書きますね。

私は、お金を掛けずに商標登録(登録料のみ)を所得できました。道のりは険しく大変でしたが、やる気と無料サポートで取得出来ましたので、こんな凄い所が有る事を知って頂きたいのです。

私は、佐賀知財担当者さんに大変お世話になりました。全国には、同様のサポートが有ると思います。諦めないで欲しいのです。

商標登録

商標登録は、商品を守る為のものと教えて頂きました。


--------------- お問い合わせ ---------------
北村広紀の自然米
運営:自然栽培園北村
〒840-2214
佐賀県佐賀市川副町大字小々森1197-6
電話番号:0952-65-5300
携帯番号:080-5246-5278
お問い合わせフォームはこちら >>