日本でも有数の米どころ佐賀平野にて無農薬玄米・無肥料米を自然農法で育てています。 | English | Korean

ブログ

新米情報等、最新情報を発信シます!

本物の自然農法(無肥料・無農薬栽培)の米

稲さんの成長

今年も大きく成長した自然農法(無農薬・無肥料栽培)の米、自分自身が自然界に生かされていると感じています。

化学肥料を用いるのが当たり前の世の中。

しかし、化学肥料を吸収した作物の葉や茎から肥料ガスを出すらしい、その肥料ガスに引き寄せられて、虫たちが群がり食べて行く。だから、農薬が必要となります。

有機肥料も同じ事が起きています。

有機肥料を吸収した作物からも窒素ガスが出るらしいが、有機肥料(動物の糞尿)を用いた肥料には、硝酸態窒素が含まれています。この作物を食べて体を壊した人もあるそうです。そして、硝酸態窒素が地下水に入り込み汚染されているそうです。

肥料を用いれば虫が湧く、そして環境破壊に繋がります。

やはり、無肥料・無農薬の自然農法が良いに決まっていますが収穫量が著しく低下します。だからと言って値段を上げると売れなくなります。収穫量を増やす為に植物の有機肥料を入れる方が増えています。

こだわりの農家さんに尋ねてみますと、肥料を入れていないと答える農家が増えています。しかし、何を入れているのか尋ねると、菌と言う答えが多く聞きます。納豆菌・乳酸菌・?などを用いているようです。

その菌を増やす為に餌が必要になります。(大量の米ぬか・もみがら・?)

しかし、それでも生活が大変なようです。

私がやるべき事は、本物の自然農法(無農薬・無肥料栽培)で生活出来る体制です。

少しづつ未来が見えて来ました。

それが、「神の力」1kg6000円・桐箱入り7000円で販売していますが、贈答品に購入されています。そして、玄米珈琲1袋216円が人気が出ています。

本物の無肥料・無農薬(自然農法)を30年やり続けて来た結果・・

でも作るだけでは売れない。

販路開拓がもっとも難しいですね。

そこで始めたのが、実店舗での販売・ホームページ制作・ネットショップ制作・プレスリリース制作・佐賀県商談会に出店・パッケージの見直し・チラシ制作・飛び込み営業などを実行してきました。

今後は、自然農法実行者を増やす事・自然農法と慣行農法の違いや有機農法の違いを知ってもらう事・食品添加物の怖さ・食べ物以外の経皮毒の怖さ(健康セミナーの実行)。

最終目標

良い事を実行できる人を増やす事。

稲自然米

自然は多くの恵みを人間に与えています。自然に感謝ですね。(*^。^*)


--------------- お問い合わせ ---------------
北村広紀の自然米
運営:自然栽培園北村
〒840-2214
佐賀県佐賀市川副町大字小々森1197-6
電話番号:0952-65-5300
携帯番号:080-5246-5278
お問い合わせフォームはこちら >>